雑穀利用研究会〈第8回自主トレ編〉

農研機構の小前先生を中心にいつものメンバーで高β-グルカン大麦粉20%配合したパンを焼きました。

○大麦くるみぱん

○大麦ミニ食パン(3種類)

・無塩バター使用 ・米油使用(ヴィーガン対応) ・ブリオッシュ生地(バター控えめ)

どのパンにも改善すべき点がありましたが、特にブリオッシュ生地の食パンは、高齢者の栄養不足を補うことができるので、美味しいパンに改良できたら良いと思いました。

お昼は、もち麦入りサラダ、かぼちゃサラダ、コーンスープと一緒に大麦パンをランチにしていただきました。

次回(来年1月)の開催も楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です