大麦シフォンケーキ 研究会 (第 11回自主トレ編)

  今回の研究会では、大麦シフォンケーキのマニュアル冊子の打ち合わせ、基本のレシピ、生バナナのレシピの試作検討、各自の自主トレを含め6種類のシフォンケーキを試作いたしました。

 

基本のレシピ『大麦ビューファイバー100%シフォンケーキ』では、卵のメレンゲの状態が悪く、ふくらみも悪く、夏の卵事情を去年同様改めて感じました。  そこで乾燥卵白を使ってさらに基本のレシピで作ってみると、それなりの膨らみになりました。

しかし、味は膨らみが悪かった基本レシピの方が全員一致で美味しかったです。

 

生バナナのレシピでは、先月に引き続き農研機構の小前先生提案のレシピの検証、水分量を調整、更に試作検討を行いました。小前先生のレシピが今までで一番美味しいと言うことが検証出来ました!

今後の課題は、手外しの際に戻りが悪いのを解消するレシピを試作検討していくことになりました。

 

更に各自の自主トレレシピを作り、朝から試作したシフォンの試食をいたしました。

今回の研究会では、問題点がはっきりわかったこと、生バナナシフォンケーキでの大きな成果がみられたことなど、良い研究会になったと思います。

夏の卵の状態を踏まえ、来月の大麦シフォンケーキ研究会はお休みで、また9月に開催することになりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です